いたるところで、広告を見かけます

いたるところで、広告を見かけます

西東京市で不動産の物件を探していると保谷納豆という広告を多く見かけました。

納豆と言いますと水戸納豆が有名だと思うのですが、保谷納豆の生産量は都内では最大量を誇っているそうです。

都会で納豆ができるとはちょっと驚きですが、農業と共生している町作りをかかげている保谷ならではのことですね。

味のある絶品納豆としてひそかに人気を集めてもいます。

炭火で作られているといいますので味わいも深いものとなっているようです。

商品や会社も多数ありますが、いずれも小粒の納豆で販売しています。

加工されてふりかけにもなっていますので興味をひきますよね。

ネット販売や通信販売もあります。

食べたことのない人は一度、取り寄せをしてみるのも良いでしょう。

もちろん不動産の物件を探しながら現地での調達も良いでしょうね。

女性には女性ホルモンの多く含まれている納豆ですので、美肌効果や更年期障害を持っているという人には、もってこいの食品ですので是非食べて欲しいと思います。

納豆が苦手というひとにはふりかけという加工商品もありますよ。

駅前が再開発されています

保谷駅前の再開発があり、不動産は動いたのかなと思いきや昨年とさほど変化はありませんでした。

不動産の物件も金額的には大きく動かず、都心へのアクセスが良い割にマンションなどはお手頃価格であり魅力的だなと思います。

病院や学校、スーパーなど充実していますので、住居を構えるには良い環境と言えます。

都心に近いわりに田舎で、再開発地域ですので洗練された町並みでもあります。

小さい子どもがいますと、休日や夜間の発病はとても困ります。

住んでいる町に子どもを見てくれる病院がない、夜間対応してくれる病院に不自由となると住居を構える条件から外して考えますよね。

保谷は居住区と農場などが区分整備されていますので、住むところに生活に必要な物がそろっています。

保谷の不動産の会社

病院も大きな病院から個人病院までありますので、医師と相性が悪いという場合にも違う病院をと考えられます。

子どもの習い事にも駅前にはいろいろありますので、これも不自由はないように感じます。

住居を構えるには環境も考えますので一度見学をかねて訪れてみるのも良いでしょうね。